【保存版】海外就職の実現できる年齢制限について教えます。あなたは海外で転職して働ける?

何歳まで海外で転職できますか?

こんな質問に海外転職を何度も経験したことのある私が答えます。

 

一番海外転職しやすい年齢

その前にまず、一番海外転職しやすい年齢はいくつなのかを押さえておきましょう。

率直に答えると25~35歳が一番海外で転職しやすいです。

ポイントとしては、

  • 社会人経験が3~5年以上あり、一から仕事を教えなくて良い
  • これから働き盛りの年齢で体力的にまだタフ
  • 柔軟性や吸収力がまだある
  • 年齢ピラミッドのバランス的にマネジメントしやすい
  • 語学などもまだ吸収できる年齢

この5つの観点から最も企業が欲しがる年齢層になります。

 

簡単に言うと経験値と吸収力が一番適度なバランスの年齢が25~35歳なんですね。

海外で働く人材として一番油ののった時期です。

 

海外転職可能な年齢制限

具体的な年齢制限というのはないのですが、現実的に海外転職できるのは40歳くらいまでです。

やはり働き盛りの30代を超えた年齢となる40代というのは、企業側に与える負の印象というのは大きいです。組織には年齢ピラミッドがあるので、途中参加は中々厳しいものがあります。

ですので、海外で転職しようと考えている人は、40歳を超える前に転職し、転職先の組織で気が済むまで働くことをおすすめします。

ただ、40歳以降の方でも以下のような方であれば働ける可能性があります。

  • 特殊な技能を持っている職人(エンジニア、電気設備士)
  • 日本でも引く手あまたのスキル(プラントの施工管理など)
  • 特殊な言語がビジネスレベル(英語や中国語以外の言語)

まだ30代で海外で働きたいと思っている人は現在の職を極めることをおすすめします。

 

逆に持っていても海外転職に繋がらないスキルは、以下3つ。

  • サービス業での経験(製造業の職人系が高齢でも働けます)
  • 部下の育成、マネジメント、人事総務、企画などのあってないようなスキル
  • 様々な業界での経験(一つのフィールドを極めた人のほうがニーズが高いです)

 

それでも海外転職を諦めたくないあたなたへ

それでも海外転職をしたいという方がすべきは、まずエージェントに登録するということです。

どういった海外での仕事が存在するのかというのを確認して、自身のポジションや市場価値を確認しましょう。それにすらおびえていては、なかなか次のステップに進めません。

以下、海外転職に強い転職エージェントから2~3つに登録しましょう。

登録自体は3分くらいで終わると思います。

もちろん無料で転職のプロフェッショナルから海外転職アドバイスをもらえます。