【保存版】スカイプ面接・WEB面接の場所に困ったらココが良い!自宅以外の適切な面接場所を共有!

海外就職や遠方との面接をすることが今の時代増えています。

対面面接との情報量はほとんど同じですからね。海外との就職活動においては、まだほとんどの会社が候補者に自費で渡航してもらって最後は対面面接になります。

ただ、1次面接だけスカイプで行ってくれたり、WEB面接だけで選考が完結する先進的な企業もあります。僕自身もスカイプ面接をしたことがあります。

将来的にはVR面接なんかも実現するかもしれませんね。

 

ただ、家にWIFIがなかったり(もしくはWIFI電波が弱かったり)、安定した通信環境がない人はどうしたら良いか。カフェで面接するっていうのも一つの手ですが、周りの人に志望動機だとか聞かれたくないですよね。

というかそもそも、カフェでそんな大声を出すのはマナー違反です。では、スカイプ・WEB面接に失敗しないために、どこがいい場所なのか教えちゃいます。

 

スカイプ・WEB面接ができる場所

まず、スカイプ面接ができそうな候補地を全て挙げてみます。

  • カフェ(スタバやドトール)
  • インターネットカフェ
  • 会社
  • 公共施設(図書館、メトロ、市役所、街のエリアWIFI)
  • 友達の家やポケットWIFIを借りる

ざっと考えるとこんなところでしょうか。但し、それぞれの場所は面接をするのに適切とは言えません。

理由としては以下が考えられます。

  • 周囲の人に個人情報(自己紹介など)が聞かれるし、恥ずかしい。
  • そもそも静かにしなければいけない場所なので、声を出すとマナー違反となる。
  • WIFIが安定していない。WIFIの電波が弱い。
  • 周りの人が行き来して背景に移ってしまう。
  • 転職していることが友人や会社の同僚にばれてしまう。

ネットカフェは意外に静かな場所だし、公共のWIFIは電波が弱くて、なかなか大事な面接をできる場所とは言えないですよね。

会社や友人からWIFI環境を借りることもできますが、友人がいなかったり、転職活動をしていることは決まるまではなるべく隠したいのが本音。

では、どこがスカイプ面接に適しているのかの答えが以下。

解決!スカイプ面接はここで行え!

僕が考えたソリューションが、

  • ホテル

です。

 

ホテルのロビーの休憩所やカフェが理想的だと思います。

 

なぜなら、

  • 人の行き来が繁華街ほど多くない
  • 静かで、厳粛な雰囲気
  • スーツを着ていてもビジネスマンが多いので自然
  • WIFIが安定している
  • そもそもホテルのカフェは対面面接の場としてよく使われる

などが理由となります。

 

マナーとしては、ホテルのカフェであれば飲み物くらいは必ず注文しましょう。また、ホテルのロビーを使う予定だけど、滞在しない人であれば、受付の方に「1時間だけ面接させて頂きたいです」と許可を必ずとりましょう。

断られても、ある程度の都市であれば駅周辺に5~6つはホテルがあるのではないでしょうか。それぞれのホテルに依頼すれば、いくつかは許可をして頂けるホテルがあると思います。大体はWIFIパスワードが必要となりますので、受付の方との会話は必要となるでしょう。

スカイプ面接が何度が続くときはホテルをその度に替えると1店舗あたりへの負担や印象が減るので良いです。

 

以上、スカイプ面接・WEB面接の場所に困ったときに使える場所についてでした。

 

おすすめの海外転職サイト

また、海外で転職をお考えの方におすすめのサイト3社が以下。

転職サイトなのでコンサルタントと話す手間が省けたり、どんな求人があるかチラッと見てみたい人や、自分に合った求人をスカウトされたいという方(サイトへの登録必須)向けです。

 

まず、JACが運営するCareer Crossは、バイリンガル・グローバル企業専門の転職ウェブサイトなので、海外で働ける求人が掲載されています。パッと勤務地を海外で調べてみましたが、現地採用や駐在の案件がたくさんありました。

英文履歴書作成から英語面接アドバイスまでキャリアクロスは、充実しています。英語での採用試験に向けた十分な準備ができるよう、英文履歴書の書き方からテンプレート提供、英文カバーレターの作成方法、英語の面接対策にいたるまで、外資系企業や日系グローバル企業に合格するうえで必要となる転職成功ノウハウが詰め込まれています。

海外駐在のみならず、日本から出張ベースで海外に行く求人なんかもあるはず。

 

次に転職する人の8割が登録しているリクナビNEXTにも登録しましょう。求人数が多いのでどんな求人があるかや、サイトへ登録して長期的にスカウトを待つのにも良いと思います。業界最大手のリクルートが運営する日本最大の求人サイトなので、漏れなく求人をチェックできます。

最後に、高価格帯のポジションや駐在案件を狙いたいハイクライスの方々はビズリーチに登録するのが良いでしょう。履歴書をアップロードすることで、ヘッドハンターから声が掛かります。

上記3つをおすすめしましたが、大事なのは情報の網を広げて複数のサイトに登録することです。また、登録しないと非公開の求人や、スカウトがかからないので注意しましょう。

できるだけ広い求人を網羅し、最適なコンサルタントからアドバイスをもらうのが転職活動を失敗しない秘訣だと思います。

 

スカイプ面接をするにあたっての注意事項も以下から確認しておきましょう。

【保存版】スカイプ・WEB面接でスマホ(iPhone)利用の注意事項!パソコンがない人はコレを読め!